読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたを歌おう

上手いか下手かは置いておくとして、歌う事が好きだ。一人で歌うのも、人前で歌うのも好きだ。何時間でも歌っていられるし、私以外全員寝たとしても、全員が起きるまで歌っていられる。

その昔ある人に「歌うことと汗をかくことはあなたにとってこの上ないデトックスだ」と言われた事があって、あながち間違いじゃないなーって思う。
どっちもそうしたくて仕方ない時があって、そういう時は気持ちに逆らわずにそうするようにしてる。終電近い時間で帰ったのに「あ」って思って2時間歌う、とか、わりとよくある。

うたを歌うのは気持ちがいい。声がよく出るとやっほーって思うし、気持ちが乗るともっとやってやろーって思う。
そんで、お世辞でもすごい!うまいね!と言われるととっても嬉しい。だから求められる曲はみんな歌いたいし、知らない曲は歌えるようになりたい。
(で、もっとほめられたい笑)

でもちゃんと空気を読んで、ここではこれは歌っちゃだめ…とか、めんどくさいひとりルールみたいなのがある。この人と行く時はここまでやっていい、この人ならもう少しやっていいかな…、みたいなのがなんとなくある。
歌いたい曲を歌えばいいじゃないって思ってたこともあったけど、リアクションがいいと気持ちがいいもんで、気がついたらほしがりになってた。あはは。

自分の家でもわりとよく歌ってる…と思う。防音しっかりしてるようなので、うるさくないかなー、まーいいかなー、って気持ちでのびのび歌ってる。
気に入った曲はそればっかりかけてそればっかり歌うし、歌えるようになりたいなーって曲もやっぱりそればっかりかけて飽きずにずっと歌ってる。
とても簡単そうなのにとっても難しい曲もあるし、そういうのはなにくそー!って思いながら何回も歌う。上手に歌えたな!ってなったらちゃんとそういうところで歌ってあげる。ほーら気持ちいい。

歌うことで曇ってた気持ちから解放されることもある。気持ちが晴れなくて晴れなくて、その時の気分で選んだ曲を歌ってたら途中から号泣しちゃって、あー、ここが気持ちが晴れないことの根っこなのか、って気がつく時もある。
歌う回数を重ねてくと、自分にとってのデトックスソングみたいなのがわかるようになってくる。これも不思議なもんで、知らないなりに歌ってみたらいつのまにか目頭熱くなって泣いてたりする事もある。
なんだろなー?歌詞に共感、とかそういうことじゃなくて、なんだろう…メロディーがこりほぐしのおまじないみたいな…とにかくそういう不思議なこともあったりなかったりする。


…なので、気持ちを一番乗せやすいのはうただなー。
その昔自分のライブに来てくれた人に「見たことない表情だった」って言われたことがあって、自分でもよくわからなかったけど、そういうことなんだと思う。デトックスソングがあるのも、そういうことなのかなーと思う。


たぶん、自分を一番解放できる方法なんだろうなー。そういうことを自覚してるよってことが、ここ数年腎臓をヤってないということなんだろう。


明日も明後日もうたを歌おー。
そしたらきっと明々後日も気持ち晴れ晴れだー。