読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66歳の父と63歳の母

なんでもない話
f:id:dainouti:20160318215501j:image

いくつからそうしてるかはあまり覚えていないのだけど、両親の誕生日にはケーキを買って実家でご飯を食べることにしている。
赤ワイン好きの父が美味しい美味しい(そして高い)ワインを用意して、母は美味しい美味しいご飯を作る。で、伝えてあった時刻の目処を過ぎてケーキと一緒に娘が実家にやってくる(昨日は息子と彼女もいたなー)。

友人曰く、両親の誕生日をみんなでお祝いできる家はあったかい、とのこと。あったかい。ほっとする。ほっとする、の方が近いなー。
実家を出て物理的に一緒に過ごす時間が減った分、たまに実家に行って話をするのがとても楽しいし安心する。

両親は適度な距離を保ってくれている(と思ってる)。親戚のグループラインで野菜が採れたよアナウンスがあったり、うめさん通院の時は家族ラインでやりとりするけど毎日毎日連絡するのかというとそうでもないし。
旅行に行っていたことや怪我したことを後から知ることもあるし(怪我はできればその時に教えて欲しい…)、でもタイムラグをあまりあけずにお互いが元気にやっていることを知っている、っていう、干渉しすぎない距離。ちょうどいい。

でも誕生日に会うたびに毎年ちょっとずつ小さくなっていくなーって思っていて、嫌でもたくさん歳を重ねてきたことを感じてしまう。
結婚とか子供とか、焦りの気持ちはないけど、両親に孫の顔を見せてあげたい気持ちは強くなってくなー。
自由にやってきた娘が唯一できる親孝行な気がしてるので、うーん、とはいえ無理せず頑張ろーって思う。

f:id:dainouti:20160318215359j:image

昨日(3/17)で母は63歳になった。
父は今年67歳になる。
来年も再来年もまだまだお祝いしたいから、元気でいてなー。