読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEVENTEENに気がついてしまった

音楽の話 推しの話

年明けてすぐまではあんなにやすだやすだ言ってたじゃないか…と、自分でもびっくりする事態が起きております。ついに(?)韓国のアイドルに両足を突っ込んでしまいました。そのアイドルはこちら。

SEVENTEEN

f:id:dainouti:20170302011242j:plain

f:id:dainouti:20170302011356p:plain

私のイメージだとKぽのアイドルって、黒にネオンカラー・原色ポップとかそういうイメージだったんですけど、ご覧の通りパステルカラー。韓国では「清涼系」と呼ばれているようです。わかる。

そもそもの話なんですけど、私長年の仲の友人に引っ張り込んでもらって以来関ジャニ∞安田章大担当なんです。知ってるか、知ってますよね。安田さんの自グループプロデュース能力の高さが好きで好きでたまらなくて、昨年投下された、安田さん作詞作曲MV衣装全部プロデュースの爆弾楽曲「Black of night」にとにかく沸いていたのが2016年10月から今年の頭までの話。自グループの強みや足りないもの・メンバーの強みや個性を誰よりも理解して”プロデューサー”として活躍できて、しかも安定して良いパフォーマンスをしてくれる人。一見かわいいけれどどこまでも男らしい、ギャップに溢れた人。例えそんな人がもう一人現れたとしても落ちないと思ってた。だって安田さんがいるからね?

 

しかし出会いは突然にやってくる。

沼にハマるきっかけとなったのはこのツイート。

 

こ、これは好きにならざるを得ない・・・・

 

才能にめっちゃくらむ系女として何よりも好きな言葉、それは「天才肌」。元来「天才肌で掴みどころのない人」や「癖のある天才」は無条件に保護対象になる私。「韓国にも安田さんがいた・・・しかも若い・・・!」という驚きに加えてこのビジュアル(濃い顔好きと思われがちですがそうでもない)。関心の糸の先っぽをクイクイと引き寄せるには十分すぎる情報。

そしてここから友人による怒涛の動画の波が押し寄せてくる。

www.youtube.com

これ本番?楽屋から?!ダンス面白いしカメラワークも切り替えもすごい!わっ、こんなところにも隠れてたの?!えっこの麗人は誰?!あれ?!ステージに全員いるよ?!いつの間に?!わぁぁぁあ群舞SUGEEEEEE!えっなにこのフォーメション初めて見る・・・!えっ、別の人が出てk・・・えっえっ、アーーーまたこの一糸乱れぬ群舞!いやいや誰このめっちゃきれいな高い声・・・!わーー!ワーーーーーー!

 

 (∩˃o˂∩)♡<公式も見るといいよ!ぜーんぜん違うよー!

 

 (((;◔ᴗ◔;)<えっ、公式…??? 

 

www.youtube.com

ええええええダンス全然違うじゃん!! 何、元はこれなの?!?!めっちゃアレンジしてるじゃん!!なにこれ!!なに!!これ!!!!

 

(2つの動画を見た時の興奮交じりの私のツイートも貼っておきますね…)

 

元同僚のダンス発表会を見に行った時も飽きずにずっと見ていられる位、実はダンス見るの好きなんです。でもこんなにも見ていてワクワクするパフォーマンスは初めて!しかもあとから聞けば作詞作曲プロデュースをやっているだけじゃなく、別のメンバーが振り付けもしてるっていうから「まままままままじででででで」ってなるじゃない。なっちゃうよ。

そんな私に追い討ちをかけたのがこれ。

www.youtube.com

 

は、背面…カメ…ラ……????

 

ねぇこれ誰のアイディアなの??発明じゃない??????

 

初めて見たステージパフォーマンス、公式PV、その2本を見て浮かんだ「このフォーメーションどうなってるの?見えないところで何が起きてるの??」という疑問が見事なほど鮮やかに解決されていく。そこはそうなってるのね!しかもこれ練習風景よね!?そんなにカメラで遊んでくれるなんていいの?ねえいいの??!ピースとかしちゃってかわいいかよ!ああ楽しい!もっと!もっと見たい!!

 

そこで初めて「はっ!」と気がつく。背面バージョンが公式動画だということに。

 

話に聞いてはいたけれど、韓国の動画提供事情って本当に凄い。掘っても掘っても追いきれない量な上に、そうしている間にも続々と投下されていく動画。音楽番組もその公式アカウントからパフォーマンスの動画をあげてくるし、SNSを使っての生中継も頻繁に行われるし、何より公式からの供給量がヤバイ。あの、えと、我々はどこにお金を落とせば良いのですか…??

 

こうして毎日動画を掘る日々が始まったのでした。大丈夫、後悔はしてない。

 

 

SEVENTEEN、清涼系と言われているだけあって、活動曲(そのアルバムの中から歌番組などで主にパフォーマンスをする曲)は少女漫画のような世界観の曲が並びますが、もちろんそればかりではなく。この「かわいい」「かっこいい」のギャップも魅力の一つ。以下、公式からまとめをどーんと。それぞれの曲にはPV以外にも色々なバージョンの動画があるし(しかも公式)、歌番組やアワードごとにアレンジや振り付けもちょっとずつ違うんだぜ!素敵なファンが日本語字幕の歌詞をつけてくれている動画もあったりするよ!気になったら掘るんだ!掘り出したらそこはもう沼!

 

SEVENTEEN 1st Mini Album [17 CARAT] 

活動曲は아낀다 (Adore U)。あっ!きん!だー!ってしたくなる!

www.youtube.com

 

SEVENTEEN 2nd Mini Album [BOYS BE]

活動曲は만세(MANSAE)。私がはまったきっかけの曲。さっきPV貼ったので、こちらはパートスイッチバージョン(ダンスの立ち位置がごちゃまぜにチェンジ!)で。

www.youtube.com 

 

SEVENTEEN FIRST ALBUM LOVE&LETTER

活動曲は예쁘다 (Pretty U) 。いぇっぷーだ!のところのうさぎちゃんピース!かわいいかよー!

www.youtube.com 

 

SEVENTEEN Love & Letter repackage album

元々発売していたLOVE&LETTERに新曲を追加してもう一度リリース。活動曲は아주 NICE(VERY NICE)。ドギョムとスングァンの高音が、あじゅナイス! 

www.youtube.com 

 

Seventeen 3rd Mini Album 'Going Seventeen'

活動曲は붐붐(BOOMBOOM)。あじゅナイスを超える高音が攻めてくるぞ…!

www.youtube.com

 

▼課外活動(えっ)

自グループ活動以外にも曲提供したり、コラボしたりしてるんです。こちらはAileeとコラボした曲「Q&A」。せぶちからはウジ、エスクプス、バーノンが参加。めっちゃキャッチーでめっちゃ良いー!課外活動曲はこれ以外にももうちょっとあるんだけどそれもほぼウジが書いていて…ねぇいつ寝てるの…?

www.youtube.com

 

 

 

ちなみに(まだ書く)。

SEVENTEEN、メンバーは13人。5名によるボーカルチーム、4名によるパフォーマンスチーム、4名によるヒップホップチームに分かれております。以下、順番に。

 

▼ボーカルチーム。ボカチと略します。

(左から)ドギョム、ジョシュア、ウジ、ジョンハン、スングァン

f:id:dainouti:20170302024549j:plain

ドギョム・スングァンがメインボーカル、ウジはリードボーカル、ジョシュア・ジョンハンはサブボーカル。元々みんな大変に上手いのだけど、ドギョム・スングァンの二人が歌唱力偏差値をギュンギュンあげてます。芯の通った迫力のある真っ直ぐな声がドギョム、歌ったメロディーラインに花が乱れ咲くのがスングァン。ウジの声は冬の夜空の星群のように繊細でキラキラしてる。ジョシュアとジョンハンは声はもちろん、ボーカリストとして大事な”歌う姿”としての華がヤバイ。

パフォーマンスチームのホシと一緒にバラエティー面でも活躍する、とにかく賑やかなムードメーカー(ドギョム)、同じくバラエティーには欠かせないせぶち随一の名MC(スングァン)、かわいこぶる(愛嬌)のがとにかく嫌いなツンデレプロデューサー(ウジ)、B型全開の自由人(ジョンハン)、全方位紳士なのにちょっと抜けてる坊ちゃん(ジョシュア)。素直に愛でやすいメンバーが多い中、飛び抜けてこじてれそうなウジが私の推しです。全楽曲のプロデュースをしているだけあって、チームリーダーはウジが。

ボカチっていうか、ソロでごめんなんだけど、ウジのこれが好きで好きで好きで…安田さん&丸山さんのThe Lightが好きな人に絶対に聞いてもらいたい。宝物の声だわー。

www.youtube.com

 

▼ヒップホップチーム。ヒポチと略します。

(左から)ウォヌ、バーノン、エスクプス、ミンギュ

f:id:dainouti:20170302024524j:plain

ヒップホップチームは基本自分のパートの歌詞は自分で書くのですが、それぞれに個性が表れているので歌詞ごと味わうとなお良しです(と教わった)。得体の知れない色気を放つ低音ボイスのウォヌ。少女漫画のような内容の歌詞をスラスラ書き、ナチュラルに英語と韓国語がまざるラップを放つバーノン。エスクプスは本当に束縛がひどい…(歌詞の話)。スカウト当時は歌もラップも関心がなかったというのは本当かと疑いたくなるミンギュ。ウォヌ以外の声はまだ聞き分けがつかない…聞き込みが足りないな…

せぶちのツインタワーの二人(ミンギュ、ウォヌ)とアジア人離れしたビジュアル(バーノン、エスクプス。バーノンは母がアメリカ人)でとにかく華々しく見えるのだけど、最高のヒモ(ウォヌ)、料理上手な大型犬(ミンギュ)、妹大好きなお兄ちゃん(バーノン)、甘えたがりの年長統括リーダー(エスクプス)と、イメージとのギャップがとにかく凄い。チームリーダーは統括リーダーでもあるエスクプスが。

ヒポチと言えばこれ。パフォチのホシとボカチのウジも絡んでるんだけどもー、最高かよーってなる。チームリーダーの絡みis胸熱。

www.youtube.com

 

▼パフォーマンスチーム。パフォチと略します。

(左から)ディノ、ディエイト、ジュン、ホシ

f:id:dainouti:20170302024532j:plain

マイケルジャクソンを敬愛していて、小柄な体型を感じさせない力強いダンスをするディノ。ブレイクダンスが得意で、細身のラインがキレよく動くチャイナライン(中国人メンバー)ディエイト。同じくチャイナラインで中国武術を得意とするジュン。前述で私がベタ褒めしたフォーメーションやダンスの振り付けを中心になって考えるホシ。

誰よりも面倒見の良いしっかり者であるせぶちのマンネ(最年少)(ディノ)、人を殺しそうな目つき&迫力で踊るけれどピュアでゆるふわ&負けず嫌いな大陸の弟(ディエイト)、自他共に認める静かなイケメン(ジュン)、ボーカルチームのドギョム・スングァンと一緒にバラエティーを回し、とにかく元気な小動物(ホシ)。曲と同じようにパフォーマンスもこのグループの要。そのチームリーダーは、振り付けを中心になって考えるホシが。

パフォチといえばコンサートのこれ。説明はするまい。とにかく見るんだ!

www.youtube.com

あと、パフォチの曲ってわけではないんだけど、とにかく振り付けが好きな曲。マンセの振り付けと同じ人が考えた振り付けとは思えない…

www.youtube.com

 

(自分で書いておいてアレだけど、参考に使ったお写真なんなの…とっても素敵…)

 

 

…ここまでざっと覚えた?覚えたよね??覚えたらこれを見るんだ…!

 

www.youtube.com

 

おいおいこれがアイドルかよ…!やっばいぞ……!

 

↑このパフォーマンスやってる人達と↓この人達が同じ人たちとか、信じられない…

f:id:dainouti:20170302011417p:plain

  

 

…と、熱量のままに書きなぐってきたけれど、SEVENTEEN、本当に面白くて魅力的なグループだと思うので、特にそこのヲタクの皆様は是非一度、どの動画でもいいから見てほしいなーって思うのです。楽曲派のあなたも!アイドル性重視のあなたも!ガチ恋がしたいあなたも!琴線に触れる何かが絶対にあるグループ、それがSEVENTEEN

デビュー前の練習生時代が長く、さらにデビューする前も一悶着あって何度もデビューが頓挫しているせいか、デビューして2年も経ってないのにベテラン感がすごい。その苦労していた時代に、作詞作曲パフォーマンスまで全部自分たちでやってしまうというスキルを生存本能で身につけてきただけあって、パフォーマンスの完成度とSEVENTEENならでは感が強力すぎてギュンギュンしちゃう。キャッチーなメロディーにキャッチーな振り付け、かわいいとかっこいいのギャップ、それらが全部自分たちで手がけてるだなんて…。求めていた理想が最高の形で叶っていて涙が出ちゃう……ここは桃源郷なのかな……??

さっきボカチの動画でウジのソロしかあげなかったけど、この冒頭30秒にボカチ(とプロデユーサーウジ)の良さがギュギュギュっと詰まってるし、ヒポチ、パフォチの良さもぜーーーーんぶ詰まってるからね!伝わって!いや、伝われ!

 

 

今度の週末は、まもなく終わってしまうせぶちミュージアムとカフェに行くんだい!

あぁ、アイドルってたーのしーーーーー!

 

※ちなみに、私をせぶち沼に連れてってくれた友人の記事はコチラ。リリースされている曲や見どころが丁寧にまとめられてて、超!おすすめ!読んで!

fuka7.hatenablog.com