小笠原漂流記(1) 海は電波が入らない、の巻

次の職場までにたっぷり時間があるので、せっかくだから遠方にいこう!と決めました。今じゃないと行けないところ、今が潜り時のところってどこかなー?海外行っちゃおうかなー?と思っていたら、1社目の先輩から「GWに小笠原行こうと思ってるんだけどなー」とLINEが。


世界遺産の海!それだーーー!\\\ ٩( 'ω' )و ////


……ということで、この記事を書いてる今はすでに海の上におります!レインボーブリッジを下から撮るプレイは卒業。川崎の工場を海から見るのは良いね!
f:id:dainouti:20170313101558j:image


小笠原諸島へは空路で行けないため、竹芝桟橋から1週間におよそ1往復している小笠原海運「おがまる」で24時間かけて海路で向かうのです。八丈島までで片道12時間ほどなのですが、小笠原だとその倍。距離的にも倍だったっけな?と思ったら全然そうでもなかった。

 


_:(´ཀ`」 ∠):


八丈島までは129km、小笠原まではなんと1000km以上あった…いやー、ええーー?!緯度的には沖縄とほぼ同じ位だしそりゃー気温差10度以上あるはずよね…

なんせ過去に一度ダイビングクルーズで1週間海の上の生活をして以来の海上滞在。八丈島に行く船と比べて滞在時間も長いので、船内設備が充実しててすごい。シャワールームはシャンプーリンスボディソープ完備で温泉みたいだし、お手洗いの手洗い場だって自動!雑魚寝の和室でさえ顔付近に間仕切りがあるよ!!(わかる人にはわかる設備差) 売店は出港日なら21:30まで空いてるし、船内の展望ラウンジもピークを越えればゆっくりできる。給湯室も各フロアにある。船内にも談話室が何個もあるし、食堂も開い。船酔いさえしなければホント住める…

f:id:dainouti:20170313102143j:image

れいな船内。全部で7階まである。

 

f:id:dainouti:20170313102120j:image

SuicaPASMOも使えるよ!


予約した時はまだ二等寝台に空きがあったので、本日の寝床はこちら。コンセントもあるので充電には困りません。なんだか宿舎みたいだね!何度起こされてもおきないうーちゃんはどこにいるのかな!
f:id:dainouti:20170313102522j:image


で、ひとり旅なので暇つぶし用のせぶち動画各種と韓国語の本、記録用のMacBookを持ち込んで、軽食を食べては寝、本読んで動画見て眠くなっては寝、を繰り返しております。ビニールバックを渡されて、生存キットを作らなくても乗船できる幸せ…。ゆーーっくりではあるけどそれなりに揺れるので、諸々するには酔い止め飲んでおいた方が良いです。

↓私なりの生存キット。




…と、ここまで書いている今は21:25なのですが。

f:id:dainouti:20170313102123p:image

 

お分かりですか。聞いてはいたけど本当に電波が入りません。そりゃそーよね、まわり海しかないもんね…

船内はwifi飛んでないけど、ポケットwifiなら電波届くのかな?そもそもそれも入らない気もするな??仲間と行くなら良いけれど、ひとり旅なら船内は寝るか食べるか持ち込んだ何かで時間を潰すか友達を作るかしかやることがありません。寝台の席の近くにひとり旅らしい人(女子だよ)が何人かいるので、あとで声をかけてみようと思います。仲良くなれるかなー。

到着は明日の11時頃、着いたら宿で簡単にご飯を食べて、12時過ぎには潜りに向かうよ!twitterでは #小笠原漂流記 でまとめてくので、リアルタイム何してんのかはそっちでー。

ではまた明日!