読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞる

なんでもない話

少し前のことになるけど、久しぶりに結婚式に出席してきた。
その式に向けて、新郎に頼まれてプロフィールムービーを作ったのです。
お世話になっている先輩でもあるし「何かできれば」という気持ちと、新年明けて早々にMacbookProを買ったタイミングだったので慣れるために。

誰かのプロフィールムービーを作るのはこれが2度目だったんだけど、30数年分の2人の人生を10分弱の動画にぎゅっとおさめる作業は、物理的にも気持ち的にもなかなかエネルギーを使う。
2人分の人生と向き合うのってすごい。
大きな影響を与えた人、好きなもの好きなこと、馴染みの友人、色々なものをていねいに積み上げる。
どういう人と関わって何を選んできたのか、上澄みしか触れられない中でも、ここにも人の一生が確かにあるなーって思いながら記録をなぞっていく。
私の作ったムービーでその人の人生がプレゼンされるのって、独特の緊張感がある。
仲の良い人でも知らない時間はあって、このムービーがそこをいっぺんに埋めていく役割を果たすんだから、そりゃあ作る方も気持ちが引き締まるってもんだ。

ムービーはおかげさまで好評だった。
流し終わった時に拍手がもらえるのは嬉しいなー。
新郎新婦にもありがとうと言ってもらえてよかった。

f:id:dainouti:20160301215115j:image

綱町三井倶楽部、クラシックで素敵だったし式も落ち着いていてとてもよかった。
新婦からの両親への手紙では愛情たっぷりのdisからはじまり笑いが起こるも、これまでの感謝をていねいに綴っていて温かい気持ちになった。
久しぶりに会う人もみんな楽しそうで、そんな式に少しでも役に立てて良かったなーって思ったよ。
本当、良い結婚式でした。